読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Born alone, die alone.

独りを楽しむ。

傷みかけトマトのリメイクレシピ

Remake Meal

トマトのアヒージョ

 

f:id:nononoo:20170317113007j:plain

 

〈材料〉

ミニトマト 

・チーズ 

・きのこ 

・にんにく 

・バジル 

・オリーブオイル

・アンチョビペースト

 

〈作り方〉

1.フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくときのこを炒める

2.にんにくときのこを皿に移し、トマトとチーズとバジルとアンチョビペースト、最後にオリーブオイルを入れる。

3.グリルまたはオーブンで焼く。で、完成。

 

f:id:nononoo:20170317114605j:plain

焼きパスタと一緒に。

おつまみにどうぞ。

 

化粧

Diary

今日は受験が終わったこと、母からの誕生日のプレゼントで、化粧品を揃えることになった。

 

だいぶ若いお姉さんに化粧のレクチャーを受けながら、自分で化粧というものをしてみた。

けれども、化粧をした自分の顔を私は見ることができなかった。

 

私の前に置かれていた鏡に、私の顔が映らなかったからだ。

 

最初部屋に入って、広いテーブルの上に鏡が置いてあるのを見た。そこには私を見つめ返す私が確かに写っていた。

今思い返せば別の部屋で洗顔して、鏡の前に座ると、鏡が薄くぼやけていた気がする。でもその時には特に気にも止めずに、若いお姉さんの話を聞くのに集中していた。

けれども、行程が進むにつれ、鏡はまるで曇っていくように私の姿を消していった。最後に紅を引くときには全く見えなくて、見えてるふりをしながら鏡を覗き込んで化粧した。きっと紅は曲がったのだろう。若いお姉さんは「慣れてないのに上手ですね〜」と言いながら急いで私の顔を手直ししていた。

 

終わると母は私の後ろから鏡をのぞきこみ、「いいじゃない」と笑った。

 

私は何も見えない鏡越しに「そうだね」と笑った。

紫煙をくゆらせて

くわえた先の火が紅く瞬く。


ため息のような煙を吐き出し、細くたなびく煙を無感情に眺める。


いつから吸い始めたのか、もうとっくに忘れ去っていた。身体に悪いと、死期が早まると大人たちは口うるさく止めるけど。私には好都合だと思った。


こんな人生、早く終わらせよう。


生きる歓びなんて虚しい。

朽ちていく静けさこそ、真実だ。


それでも、心の奥では望んでいるのかもしれない。


たばこの煙ごと私を抱きしめてくれる人を。

自分のことを話したくなる時もある。

Life Style

まあつまらない話だから、流してくれてかまわない。


私も勝手に話すよ。


もう何にも、私は期待していない。


両親に親らしくしてほしいとも思わない。

大人たちが尊敬できる人であってほしいとも思わない。

友人ができようが離れようがそれは肌に感じる風のようなものだし、

自分がひとにバカにされるのも、賞賛されるのもどうでもいい。


ただひとつ、これだけを除いて。


信じた親に、暴力や言葉で裏切られる子どもを、ひとりでも減らすこと。


私はそれだけのために生きている。


それ以外に生きる理由はいらない。


忘れないように、誰かに届くように、ここに残しておく。



切ないもの好きがおすすめする切ない作品たち。

Life Style

ネタバレは一切しません。あなたの目で耳で確かめてください。


フリーゲーム

「Ib」←NEW


アプリゲーム

「からっぽの家」


PSP

「Clock Zero」


PS3

「Rain」


マンガ

夏目友人帳


アニメ

「蛍火の杜(もり)へ」

Air

「陽だまりの唄」

彼女と彼女の猫

「ハル」←NEW


小説

「君にしか聞こえないCalling you」

「箱庭図書館」より「ホワイトステップ」

「狐笛のかなた」


音楽

「終わりの惑星のラブソング」より「Flower Garden」

matryoshka」(←アーティスト)


女性向けと言われる作品もありますが、良い作品は性別に関係なく良いものだと思っていますので、区別はしていません。


随時追加していきます。


「ひとりぼっち惑星」は日本の福祉が行き着く世界。

Social

柄にもなくゲームアプリをダウンロードした。

f:id:nononoo:20170304130612j:plain

 

このブログの副題を「独りを楽しむ」に決めたとき、ふとこのゲームを思い出した。私は全くと言って良いほどゲームをしないのだが、これも何かの縁と、ダウンロードしてプレイしてみたところ。これがなかなか、bgmにピアノを選ぶセンスやゲーム全体の空虚な雰囲気にどハマりしたのだが、感想はここでは控えておく(語り出したら止まらなそう)。

 

「ひとりぼっち惑星」

ゲームはチュートリアルから始まる。ロボットの部品を集めてアンテナを大きくしていくと、宇宙船や他の星にいる人間からメッセージが届く。そのメッセージがまた、どれも精神的にえぐってくるものばかりなのだが、今日はそのうちの二つを紹介する。

 

  • 宇宙船D408の老婦人

地球に向けてこえを送信する機械を通して、彼女は自分がもうすぐ船にいられなくなると話す。その船には、「60歳以上の人間はひつぎに入って船から出る」という決まりごとがあるからだ。長生きすると迷惑になるからと、彼女は大方自分の死を受け入れている様子。彼女の夫も、もうすでに船から出たらしい。夫婦でよく地球の話をしたことから、彼女はひつぎを地球に向けることにしたと嬉しそうに語る。地球の近くまで行けたとしても、見ることはできないのに。

 

  • 惑星「エデン」に住む9歳の少年

彼は政府の方針により、両親から離され「安全な場所」でロボットと二人で生活している。両親に会ってみたいと思うものの、政府には感謝していると言う。安全で平和で合理的な世界を作ってくれたから。そんな政府に間違いはないと。政府は遺伝子を調べ、彼は教師になること、結婚相手も決まった。政府に言いたいことを言うようにと言われ、彼は自分がとても幸せだと「こえ」を送る。

 

高齢者を切り捨てる福祉

私は老婦人の「こえ」を読んで、エンターテイメントとして楽しむことはできなかった。この「こえ」は、今の日本の高齢者の「こえ」そのものだと思ったから。

www.minnanokaigo.com

このサイトに書かれているように、日本の社会保障費はすでに110兆円を超え、これ以上増えるのは本気でまずい。また、今後増え続ける高齢者にお金をかければ、現役世代の負担と、将来世代の借金となるわけで。宇宙船D408のように、社会的に富を生み出さない高齢者を切り捨てるという極論が、今まじめに議論にのぼっている。

 

子どもを洗脳する福祉

少子高齢化が進めば労働人口は減るわけで、政府としてはひとりでも多くの優秀な人材を育てて経済の停滞を食い止めたいところだろう。そのために将来、政府が子どもの教育及び生活全般を管理し、社会の歯車に適する人間を、効率的に量産するシステムが生まれるかもしれない。「エデン」はその社会システムが運用されている惑星であり、その光景が日本のものと重なる日は遠くないかもしれない。

 

 

たかだかSFゲームの設定だと侮ってはいけない。その世界がすでに現実化し始めているのだから。老人に死を受け入れさせる社会でいいのか。子どもから自分で人生の選択を奪ってしまう国にしていいのか。

回避する方法を考えなければ、切り捨てられるのは自分であり、囲われるのは何も知らない子どもたちだ。

余ったナポリタンのリメイクレシピ

Remake Meal

ナポリタンオムレツ

f:id:nononoo:20170303142844j:plain

 

〈材料〉(オムレツ3個分)

余ったナポリタン 一人分

卵 3個

油 適量

 

〈作り方〉

1.フライパンに油をひく。フライパンのふちまでペーパーで伸ばす。

2.3つに分けたパスタの上から卵2個分の溶き卵をかけて中火

3.卵が固まってきたら残り一個分の溶き卵をかけて、ひっくり返す。で、完成。

 

f:id:nononoo:20170303144023j:plain

 

イエローな食卓になった…。