Born alone, die alone.

独りを楽しむ。

「共感」してくるひとに気をつけて。

被害者に共感する人たち

ある記事を読んだ。

matome.naver.jp

 被害者の冨田さんが犯人を殺したいくらい憎いと言うのはまあ当然だと思う。けれども、全くの赤の他人がそれに同調しているのを見て、正直怖っ!と思った。

 

 

共感による思考停止 

なぜ私は被害者の殺意に共感する人たちを怖いと思うのか、考えていた。そしたら、あるブログでこんな一文を見つけた。

 共感の罠は思考停止にあり、結果がいいか悪いかには関係なく「いいことをした」と思ってしまうことなのである。

http://nekonaga.hatenablog.com/entry/20170224/1487905200

 

殺意なき殺意

私が彼らに恐怖を抱いたのは、殺意を正当化しているからだ。日本は法治国家であり、どんな理由があろうとも殺傷は罪だ。罪を犯したからと言って、犯人を殺していいわけがない。恐らく彼らに本当の殺意はなく、被害者への「共感」を示すために言ったのだろう。けれども、犯人にも人権があり、死ねばいいだの社会にいらないなどと言う言葉はこれに抵触すると思うのだが。法を重んじる国の民とは思えない無神経な言動だ。上記の「思考停止」が働いているのだろう。

 

人が人に「共感」などできない

 私は陸上競技をやっていたが、常々思っていたのは、今目の前で走っている人の気持ちは分からないということだ。私も競技として走ってきて、その苦しさを感じてきているわけだが。それはあくまでも私の体験であって、今目の前で走っている人が同じ苦しさを感じているとは限らないし、むしろ違うものだと思う。結局私は自分の体験から今目の前で走っている人の苦しさを「想像」するしかなく、「共感」などできない。このような考えを持つ私としては、「共感」してくる人間は限りなく胡散臭いので信用しないことにしている。だから、自分の気持ちを「共感」して理解してほしいとも思わない。あなたも、「共感」してくる人には気をつけてほしいと思う。

 参考資料

nekonaga.hatenablog.com

理想の家族ってそんな良いものじゃないよ。

企業によって作られる理想の家族。

少し前、感動的だと騒がれたこのCM。

 

youtu.be

 

私は見るに耐えなかった。これは企業の利益のために、子供たちを誘導して作られた愛だよ。そんなものに感動してしまう世の中の大人たち。作られた理想の家族像ばかり夢見て、本当の家族ちゃんと見えてないんじゃない?

 

「暖かい家族」って、メディアのイメージ操作だからね。

現代人ってのは、自分を受け入れて認めてくれるひとをやたら欲しがる。メディアはそこに目をつけて「理想の家族とは、無償の愛でどんなあなたでも受け入れるくれるものだよ」ってそそのかして。理想の家族を目指そうよ、理想の家族像を教えてあげるよ、代わりにお金を払ってね、となる。

 

受け入れてほしいと思ってるのは、あなただけじゃない。

家族も人間なんだから、受け入れてもらいたいのは家族も同じ。あなたを受け入れる余裕なんてない。家族だから、自分を受け入れるのはあたりまえなんてのは、甘えでしかない。

 

理想の家族って実際うっとおしい。

仲が良くて、あなたをいつも気にかけてくれて、休日はみんなで過ごす。絵に描いたようなアットホームな家族ってこんな感じだと思うけど。実際ずっと続いたら息がつまるよ。人間笑いたくない日だってあるし、ひとりでぼーっとしたい時もある。疲れて帰って、家族の話を全部真剣に聞いて笑って返すなんてきついでしょ。何か問題が起きても、ほとんどはひとりで解決しなきゃいけない。心配されても心配させているというプレッシャー を余計に背負う羽目になる。一言で言えば、重い。

干渉しない家族、これが理想。

結局は他人なのだから、完全にお互いを理解することなんてできないもの。ある程度の無関心は家族でも必要。人が人を助けるなんてのはとても難しいことで、それは家族もまた然り。すぐに口やら手やら出さないで、信じて黙って待った方が人は救われる。どうしても何かしてあげたいなら、温かいお茶を淹れるみたいな小さなことで十分。

 

参考記事

ヒキコモリズムの井上さんの記事。この方の価値観はだいぶ私と近くて、さらに記事もわかりやすい。

www.hikikomorism.com

「病気で休職中のSNS更新」を考えてみる。

twitter.com

他人のことを気にするかしないか。それが問題。

これが自営業だったら、誰も気にしないよね。自営業はいいよな〜で終わる。自分には関係ないものとして、区切りをつけられる。けれども、会社という他人が近い環境では、それができない人が増えてくる。とくに仕事をネガティヴに考えてる人は、「自分はイヤでも仕事してるのに遊んでるなんてずるい」と思うだろう。彼らは責任や気遣いがどうのと言うけど、それは建前。結局は妬みだ。つまりこの問題は「彼らの妬みに付き合うか、付き合わないか」ということ。妬むひとなんてバカらしいと思うなら、SNS更新すればいい。いや、バカらしいとは思うけど会社の人とギスギスする方がめんどくさい。それなら、SNS更新は控えるのが吉。

 

他人を妬む人間、自分の仕事を苦しいものとしか思えない人間がいなければ、こんなこと気にすることもないわけで。他人のふり見て我がふり直せ。わたしは人を妬むくらいなら自分を変えようと思う。自分が選んだ結果で今があるのだから、今の状況が不満でも自分の選択に責任持って、受け入れるべきだと思う。ひとに当たっちゃいかんよ。

がっかり・イライラするの、もうやめませんか。

ハリーポッター」の中で表情がほとんど変わらないキャラに、スネイプとマクゴナガルがいる。このふたり、どちらが最強なのか。

 

ada-bana.hatenablog.com

たとえば、乗ろうと思っていた電車に乗り遅れたら、人はそれを「失敗(予想外の出来事)」と判断し、イライラしたりするかもしれない。

でも、もしかしたらその電車は、10分後に脱線事故を起こすかもしれない。つまり、「電車に乗り遅れた」という出来事が本当にネガティブなことなのかは、人間には絶対に判断できないはずなのである。ただ、本人がそれを勝手にネガティブなことだと判断しているに過ぎない。 

 わたしの感情コントロール方法はまさに上記のとおり。一喜一憂って可愛らしい女の子のスペックだけど、わたしにはムリ。なんか疲れる。だから、いちいち感情を動かさないようにすることにした。

 そうしたら、毎日が穏やかで、余裕も持てるようになった。本当に笑いたいときに自然と笑えるようになったし、ネガティヴな感情に振り回されることも減った。感じたものを感じたまま表に出すのはストレスになることもあるみたい。

 一喜一憂することを悪いとは言わないけど、それでライフを削ってるなら無駄の何物でもない。ネガティヴな感情を捨てて、代わりに余裕を持つ方が人生穏やかで楽しいよ。

「お母さん、娘をやめていいですか?」こんなドラマ待ってた。

高知のホテルでたまたま観たドラマは、私のこれまでの人生そのものだった。

 

f:id:nononoo:20170224231946j:plain

娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。
美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。
二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。そんなとき、新築中の早瀬家を担当するハウスメーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう― 

 

これはホラーでもエンターテイメントでもない。現実だ。

観終わったときには動悸が収まらず、イヤな汗をかいていた。フラッシュバックだ。このドラマと同じことを私もされてきた。その記憶が、このドラマで掘り返されたのだ。体調は最悪だが、このドラマは最高だ。フラッシュバックを起こさせるほどの高い再現性。言葉で説明するのが難しい「愛を押しつける親」が見事に描かれている。

けれども非常に残念だったのが、脚本家自身がこれをホラーだと言っていること。これはホラーなんかじゃない。現実にこんな親はたくさんいるんだよ。まさか想像だけでここまで書いたのならそれはそれですごいけど。このドラマをエンターテイメントで終わらせようとしている気がして、憤りさえ覚える。これは娯楽で終わらせていいものじゃない。ドラマ内の主人公や生徒のような子供が実際にいて、今も苦しんでいるんだ。それを知ってほしい。

 

 

Pinterestをブログに貼り付けても消えてしまうときの対処法。

この記事は、

それなのに、記事に表示されなくて困っている方向けです。

 

コードをコピーして貼り付けただけでは、うまくいきません。

下の写真は、私のボードのURLから吐き出されたコードです。

 

f:id:nononoo:20170223182113p:plain

 

コードをコピーして、HTMLの中にペーストします。そうしたら、コードの一番前に<p>を書き入れてください。書き入れるとこんな感じになります。

 

<p><a data-pin-do="embedBoard" data-pin-lang="ja" data-pin-board-width="400" data-pin-scale-height="240" data-pin-scale-width="80" href="https://jp.pinterest.com/nononoo0415/meal/"></a>

 

この<p>は、簡単に言うと段落みたいなもので、これがないと表示されないということが起きてしまうのです。

 

また、はてなブログPinterestを貼り付けて、「記事を更新する」を押した後、「記事を見る」で記事を確認しても、反映されないようです。改めて自分のブログを開いてから記事を見ると反映されているようなので、はてなブログを使用している方はご注意ください。

グラタン風ビーフストロガノフ飯

私あまりものリメイク大好きなんです。一から料理するのほんと苦手で。野菜切って肉炒めたところで飽きちゃうんですよね。この飽きっぽさ、やばいよなぁ…。

 

今日のあまりものリメイクはこれ。

f:id:nononoo:20170223142233j:plain

 

〈材料〉(一人分)

白米の残り 茶碗一杯分

ビーフストロガノフの残り 適量

シュレッドチーズ 適量

パン粉 適量

 

〈作り方〉

1.米とビーフストロガノフをココットorグラタン皿もしくは耐熱容器によそう。

2. レンジでチン。600Wで40秒だとぬるかったので、1分弱やるといいかも。

3. チーズとパン粉をトッピング

4.グリルで軽く焼く。パン粉がすぐ焦げるのでチーズの溶け具合を見ながら調整。で、完成。

 

f:id:nononoo:20170223151836j:plain

あくまでもグラタン「風」なのであしからず。

 

board