読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Born alone, die alone.

独りを楽しむ。

「ひとりぼっち惑星」は日本の福祉が行き着く世界。

柄にもなくゲームアプリをダウンロードした。 このブログの副題を「独りを楽しむ」に決めたとき、ふとこのゲームを思い出した。私は全くと言って良いほどゲームをしないのだが、これも何かの縁と、ダウンロードしてプレイしてみたところ。これがなかなか、bg…

「共感」してくるひとに気をつけて。

「共感」は良いものとは限らない。

親になりきれない大人たち。

現代の親について考えてみました。成人してもいない小娘が生意気言うなと言われそうだけど。しばらくお付き合いください。 〈目次〉 ≫私の両親から見る現代の親たち 私の両親 「親への反抗」を正しいと考えた人たち 違いを受け入れられない人たち ≫親になり…

理想の家族ってそんな良いものじゃないよ。

企業によって作られる理想の家族。 少し前、感動的だと騒がれたこのCM。 youtu.be 私は見るに耐えなかった。これは企業の利益のために、子供たちを誘導して作られた愛だよ。そんなものに感動してしまう世の中の大人たち。作られた理想の家族像ばかり夢見て、…

「お母さん、娘をやめていいですか?」こんなドラマ待ってた。

高知のホテルでたまたま観たドラマは、私のこれまでの人生そのものだった。 娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子…

「ノブレスオブリージュ」で検索してヒットしたブログを読んでみた。

www.ikedahayato.com ちょっとひっかかるところが。 弱い人たちは、自己愛の匂いに敏感です。ノブレス・オブリージュを実践する人たちは、自分が救おうとする、まさにその人たちから石を投げられるものです。 「石を投げる弱い人」は「運に恵まれなかった人…

心理ブームの問題点から、今後の動きを予知してみる。

心理系の情報を集めていると、心理学のおかしな使い方に出会います。 例えば、「失恋の苦しみを最短で乗り越える方法」とか。最短って何なんでしょうね。回り道をしないってことを言いたいのかなぁとは思うのですが。人間の感情の動きに無駄なものなんてある…