読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Born alone, die alone.

独りを楽しむ。

「お母さん、娘をやめていいですか?」こんなドラマ待ってた。

高知のホテルでたまたま観たドラマは、私のこれまでの人生そのものだった。

 

f:id:nononoo:20170224231946j:plain

娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。
美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。
二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。そんなとき、新築中の早瀬家を担当するハウスメーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう― 

 

これはホラーでもエンターテイメントでもない。現実だ。

観終わったときには動悸が収まらず、イヤな汗をかいていた。フラッシュバックだ。このドラマと同じことを私もされてきた。その記憶が、このドラマで掘り返されたのだ。体調は最悪だが、このドラマは最高だ。フラッシュバックを起こさせるほどの高い再現性。言葉で説明するのが難しい「愛を押しつける親」が見事に描かれている。

けれども非常に残念だったのが、脚本家自身がこれをホラーだと言っていること。これはホラーなんかじゃない。現実にこんな親はたくさんいるんだよ。まさか想像だけでここまで書いたのならそれはそれですごいけど。このドラマをエンターテイメントで終わらせようとしている気がして、憤りさえ覚える。これは娯楽で終わらせていいものじゃない。ドラマ内の主人公や生徒のような子供が実際にいて、今も苦しんでいるんだ。それを知ってほしい。