読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Born alone, die alone.

独りを楽しむ。

時間を取り戻す。時計を考える。

Life Style

生き方を考える上で、時間をなしには語れない。今日は、時間について、時計の使い方について考えてみた。

 

時計を見ない生活

私は人との約束がない限り、時計を使わず生活するようにしている。電車を調べないで駅に向かうし、それで30分待たされても気にならない。その間にブログを書くなり勉強するなりできるからだ。時計を見て慌てて急ぐことがなくなったし、自分で時間をやりくりしてすきま時間を有効活用する習慣がついた。

なぜこんなことをしているかというと、「時間に追われる」という感覚が私にはものすごいストレスになると知っているからだ。もちろん私だけでなく多くの人がそう感じているだろう。だが、多くの人は学校や会社に所属し、その中で集団行動を強いられるため、自分で時間をコントロールするなどできない。そのストレスは知らず知らずのうちにたまって、酷くなれば鬱にだってなる。そもそも動物である人間が、毎日決まった時間に同じ行動をロボットのようにできるわけがないのだ。しかし社会の仕組みをすぐに変えるなんてことはできないわけで、私たちはそのルールに従いながらも自分を守っていかなければならない。無理してできないことをやろうとするよりも、少しでもストレスを減らしながら社会で生きていくべきだ。

 

アナログとデジタルの使い分け

そこで、学校や会社に行っていてもストレスを減らすための、時計の使い方を紹介する。時計は使い分けることで、その良さをさらに発揮できる。

  • アナログ時計

アナログの良さは、アバウトさにある。あまり時間に急かされたくない夜はアナログが向いている。寝室や浴室(濡れない場所)に置くと良い。また、パッと見ておおよその時間がわかるため、忙しくて文字を見る余裕のない時などに重宝する。そのため、ダイニングやキッチンも良い。さらに時間の予定を立てやすいため、デスクや勉強机にも最適と言える。

  • デジタル時計

今その瞬間の時間を知りたい時は、デジタル時計が良い。朝通勤する際や交通手段に電車を使う方はすぐ見えるところにデジタル時計があると便利だ。腕時計や携帯はデジタル表示のものをおすすめする。

時間を取り戻す時計

上記では時間に追われ気味の人の時計の使い方を紹介したが、時間は私たちが思っているほど決まった形をしていない。今までの常識とは違う形の時間を生活に取り入れてくれる時計を紹介する。

  • COSMOS

vimeo.com

デザイナー、ジェイ・ヒュン・キム(Jay Hyun Kim)さんによるハイブリッドなアイテム。あるときは時計、またあるときはムーディーな照明。そしてまたあるときは、Bluetooth機能によってスマートフォンなどと連動するスピーカーとしての役割をも果たす。さまざまな機能を兼ね備えたこの『COSMOS』は、近々クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にてプロジェクトをスタート予定。

  • TODAY

www.kickstarter.com

デザイナー、Scott thrift(スコット・スリフト)さんによる、アナログ式でありながら、1日に一周する、24時間表示式の時計。文字盤に数字はなく、色の表現によって時間を表現。こちらも現在クラウドファウンディング募集中。

  • LMW (Liquid Metal Watch)

youtu.be

デザインウォッチ「Sea Hope」による液体金属時計。クラウドファウンディングでの資金調達を終え、2016年7月14日より発売開始。

  • ShadowPlay

vimeo.com

 オーストリア・ウィーンのデザインチーム、「breadedEscalope」がデザイン。2015年9月に開催されたウィーン・デザインウィークの展示用に開発された。

参考資料

matome.naver.jp